レディー

家庭用脱毛の効果とは|エステサロンで施術する魅力

進化した針脱毛

女性

仙台で行われている脱毛は消費者のニーズや時代の変化によって施術内容にも開発が現れています。永久脱毛と言ったら、もともとは針脱毛のことを指していました。そこで、皮膚に電気熱が直接伝わらないように開発されたのが絶縁針で、現在では仙台などのクリニックで安全で確実な方法として普及されています。主に逆さまつげを抜く方法として、約120年以上前からはじまったとされる針脱毛ですが、日本で本格的に行い始めたのは大体1960年あたりからと言われています。まずは、皮膚科や形成外科などで電気針脱毛が始まって、1980年代ごろにはエステサロンなどでも行われるようになり、広く周知されるようになりました。ですがこの電気針脱毛は、通電した張りが皮膚と接触することで、強い痛みを感じたり火傷や色素沈着が発生してしまうデメリットがありました。そのデメリットを改善した脱毛こそが、絶縁針脱毛になるのです。

仙台では多くのエステサロンでこの方法で脱毛を行なうことができますが、レーザーでは脱毛しにくい部位や日焼けしてしまった肌でも確実に脱毛を出来るようになっています。最近ではこの絶縁針を使用して、仙台では重度のニキビ治療にも活用されています。このように様々なシーンで活用する絶縁針脱毛ですが、施術後のアフターケアが非常に大切です。毛穴に挿入した針に電気を通す方法になっているため、皮膚が赤みを帯びたり腫れたりする場合もあります。脱毛を行なった後は保冷剤などで部位を冷やすことで収まるので安心してください。その際は身体全体を温める入浴や運動、飲酒は絶対に行ないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加